戻る

ホームステイの経験

ホームステイについて書きたいと思います。

上司の大山さんのおかげで、いいホームステイをすることができました。   田中さんの家族に会った日の第一印象は、「とても元気で幸せな家族だ」と言うことでした。 そして、この第一印象のとおり、一ヶ月の間本当に面白くて、気持ちいい経験をすることが できました。 毎朝、娘さんとご主人が出た後で朝ご飯の度にお母さんのさちこさんは、 私と気楽に話してくれました。いつも最後は笑っていました。

田中さんの家族は4人で、お父さん、お母さん、娘さん2人です。 みなみちゃんは中学一年生で、 いほちゃんは小学5年生です。そのうえに犬いっぴきかっています。 犬はオーストラリアの ボーダーコリーけんのジャックという犬です。

娘さんは2人とも頭が良くていい学生です。 やっぱり学校で英語を勉強しています。 時々宿題を 手伝ってあげました。 お母さんのさちこさんも 英語に興味があるけど、私が日本語が上手になりたかった のを知っていたからいつも日本語で話してくれました。

娘さん2人は熟に行っていました。 ある時みなみちゃんはお父さんといっしょに10時半に帰って、 さらに学校の宿題を始めました。 日本に教育制度は子供達にたいして、かわいそうな気がします。

田中さんのおかげでいろいろな所に行って、いろいろなすばらしいことを見ることができました。 例えば、ゴルデンウェークに東京から岡崎駅に向かえに来て、すくに岡崎公園のふじを見に連れていってくれました。 ふじのにおいの良さにびっくりしました。 そして、最近 いっしょに岡崎花火に行きました。 やっぱり、 田中さんのおかげで 特別なさじきに座らせてもらって、快適に花火を見ることができました。  はじめて  そんな美しい花火を見てものすごく感動しました。

田中さんの家族には一ヶ月いろいろ本当にお世話になりました。 日本語だけでなく、日本の文化、習慣、 岡崎のいい所など、たくさんのことを教えてくださって、心から感謝しています。 ホームステイでなくては学べない ことも多かったと思います。 それだけでなく、ホームステイをすることに日本語の話す能力に関して、 なんと言っても  ホームステイをすることは 一番いい方法だとおもいます。

戻る